南東北旅行

4/15(木)

今日から二日間の予定で東北旅行。
行程は、まず新潟に向かい、日本海側を酒田まで。
酒田から新庄に出て、そこで一泊。
翌日、小牛田経由で多賀城、仙台から帰宅。

目的は、前から気になっていた「現美新幹線」と、お城巡り。
「現美新幹線」とは、新幹線を現代美術館として改造したもので、蜷川実花さんはじめ、各車両に一人の作家さんの作品が展示され、全部で8作品(蜷川さんは車両ラッピング)
現代美術は詳しくないけれど、そういうイベントは好き。

現美新幹線はあっという間の50分。
新潟から先は「きらきらうえつ」に乗って酒田に向かう。
なんだかんだ言って、結局列車の旅。
ただ、この列車。今回で3回目である。3回目なので、写真はなし。

酒田も3回目。
3回目だが、山居倉庫には行ったことがなく、今回が初めて。
写真の撮影などでもいろいろと有名らしい。

「庄内米歴史資料館」でお米について勉強した後、「酒田市みなと市場」で昼飯。
前から気になっていた「山ほこ丼」を注文。
通常のどんぶり2杯分。

その後、新庄に移動し宿泊。
夕飯はさすがにあまりおなかが減っていなかったので、軽く飲めるところを探しに探したが、結果、チェーン店に入ってしまうという失敗。
入るまで気づかなかったが、中でモンテローザのおじさん発見。

翌日は多賀城跡を見学。
例の100名城。
奈良時代から平安時代の史跡ということであまり期待はしていなかったが、ボランティアの方がいろいろと親切に教えてくれた。

仙台で牛タンを食べた後、仙台城へ。
ここも100名城。
今まで伊達政宗像だけは映像で何度も見ていて勝手な想像ばかり膨らんでいたが、実際の空間として繋がった。
基本何にも残っていないけど、東北唯一の100万人都市。やっぱりすごいね、伊達政宗。
個人的には支倉常長についてもっと知りたくなりました。

帰りは仙台から「はやぶさ」。
仙台の次は、もう大宮。
あっという間の帰路でした。